Hatena::Groupenglishstudy

ニューステキトウ和訳 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005|04|05|
2007|07|

Mon, May 16, 2005

[] US, GB, Australia to protest over Japan whaling  US, GB, Australia to protest over Japan whaling - ニューステキトウ和訳 を含むブックマーク はてなブックマーク -  US, GB, Australia to protest over Japan whaling - ニューステキトウ和訳  US, GB, Australia to protest over Japan whaling - ニューステキトウ和訳 のブックマークコメント

Mon May 16, 2005 07:58 AM ET


 〔キャンベラ/ロイター〕オーストラリアのジョン・ハワード首相は月曜、オーストラリア・イギリス・アメリカ、そしてニュージーランドは、年間の捕鯨をめぐり、日本政府に抗議すると述べた。

 ハワード曰く、日本が、純粋な科学的意図のために400頭以上ものミンク鯨を捕獲しているとは信じ難く、オーストラリア・ニュージーランド・イギリス、そしてアメリカは、外交を利用し、日本を説得して中止させるという。ハワードはオーストラリアのラジオで、「ねらいはそれら4カ国が日本政府に抗議を申し立て、これを推進しないようにすることだ」と語った。


 その後ハワードのスポークスマンはロイターに、その4カ国は鍵を握る連合であり、捕鯨終結において結束していると語った。


 鯨の肉がごちそうとされている日本は、1986年に国際的な排斥の戦線により商業捕鯨を断念したが、その翌年、“科学的な調査”のための捕鯨計画を始動した。


 その肉の行きつく先はレストランだ。

The meat ends up in restaurants.*


 日本のメディアは、先月、日本が年間の捕鯨を拡大する計画において、新たな2種類 ―ザトウクジラとナガスクジラ― を捕獲するばかりか、ミンククジラの捕獲は2倍近くを計画していると報じた。


 計画は、今月末の国際捕鯨委員会の年次会議に提出される運びとなっている。


 主に日本の捕鯨は、南極水域において行われている。オーストラリアは、他の6カ国が(領有権の)主張を休止するよう提起する中、南極大陸の42%について主張しているが、世界中全ての国がそれらの領地を認めているわけではない。


 ハワードは、「何人かは、彼ら(日本)を南極に近づけないようにする必要があるなら、我々が軍による行動を取るべきだと言っているが、日本や他の多くの国は、南極における我々の主張を認めないものと記憶している」と述べた。


 「確かに、オーストラリアによる行為のようなものは、国際法上、著しく有効とはいかないだろう。我々がまず第1にやらなければならない試みは、外交的な手段を通して日本の姿勢に変化をもたらす事だ」。


 日本は主として、海洋哺乳類を殺す事を断固として妨げる環境保護論者の抗議にもかかわらず、鯨を食べる事が彼らの文化継承の重要な一部であるとしている。その内の何種類かは絶滅の危機にある。


 「我々はこの件について大変憂慮している。約400頭ものミンククジラの間引きが、科学的とは信じ難く思う」、とハワードは語った。


 「日本人による変化のために、我々は力を尽くして押し進めていく・・・我々は日本と友好的であり、日本との良い関係を持っているが、これは、我々が日本に賛成しないところにある問題だ」。


元記事

qiynzcj@email.comqiynzcj@email.com2006/09/07 07:11http://www.special-ringtones.net/mp3/ ringtones site free. ringtones site free, ringtones site, Free nokia ringtones here. from website .

トラックバック - http://englishstudy.g.hatena.ne.jp/xyn9/20050516